2011年08月25日

 米アップルのジョブズ氏がCEO辞任−後任にティム・クック氏(2)

米アップルのジョブズ氏がCEO辞任−後任にティム・クック氏(2)
更新日時: 2011/08/25 09:08 JST
  8月24日(ブルームバーグ):株式時価総額で世界一のテクノロジー企業を築き上げた米アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が辞任した。ティム・クック最高執行責任者(COO)にCEO職を引き継ぐ。ジョブズ氏は会長職に就く。

  ジョブズ氏(56)は1月17日から医療休暇を取得していた。事情に詳しい関係者が当時語ったところによると、ジョブズ氏は2004年から珍しい型のがんと闘っており、その後の肝臓移植で健康状態が悪化していたという。1月以降日常業務を代行してきたクック氏(50)は取締役会メンバーとなる。

  ジョブズ氏は発表文で、「アップルのCEOの責務と期待にもはや応えられない日が来たら、私自身が最初にそれを伝えるとかねて述べてきた」とし、「残念ながら、その日が来た」と述べた。

  アップルはジョブズ氏の指揮の下で、コンピューターや携帯電話、デジタル音楽の業界に革命をもたらす機器を発売。時価総額は石油大手の米エクソンモービルに次ぐ世界2位に躍進した。細部にこだわり、使いやすくしゃれた製品を重視するジョブズ氏の姿勢はグーグルやIBMなどのライバル企業からの攻勢を寄せ付けなかった。

  RNCジェンター・キャピタル・マネジメントのダニエル・ジェンター社長は電話インタビューで「ジョブズ氏はアップルで歴史に残る強力な人物だが、この2年間は原動力になっていなかった」と指摘。今回の発表によって「ジョブズ氏が有能な取締役会の一員であり続けるとともに、透明性ある後継者育成計画の策定が明確になる」と付け加えた。

  発表を受けてアップルの株価は時間外取引で一時7%下落した。ニューヨーク時間午後4時時点では前日比2.58ドル高の376.18ドルだった。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aflz4IIHi.vA

ジョブズ氏は久夛良木健氏同様は私メの運命を変えたひとでありますので,
彼の動向・病状が気になります.

新製品発表会で彼の姿が見られなくなるのでしょうか(´・ω・`)
posted at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。