2010年10月14日

 BOISSIER / Thé Mélange Boissier

 ボワシエの「ボワシエブレンド( Thé Mélange Boissier )」.

boissier_meiange_boissier_leaf.jpg

ブレンド紅茶にシトラス,ヴァニラ,ラベンダーの着香にラベンダーの花びらを配してあります.


茶葉自体は渋味も甘味も充分にあり,非常にバランスの良いブレンドです.
香りはラベンダーが強く,ヴァニラをあまり感じません.シトラスの風味は後から追ってきます.


フルーツ+ヴァニラ+フラワーは,はっきり言ってあまり好みではありませんが,許容範囲内でしょうか
(苦笑)
posted at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

 BETJEMAN & BARTON / Un Gentleman à Deauville

 ベッジュマン&バートンの「ダーヴィルの紳士( Un Gentleman à Deauville )」
ダーヴィルはフランスの有名な避暑地です.

b_and_b_deauville.jpg

Le bleu de la mer, les senteurs d’orange et de bergamote de notre enfance. La dernière création de Betjeman and Barton pour un gentleman qui s’est installé à Deauville.

中国紅茶・セイロン茶をベースにチョコレートとベルガモット,クレメンタイン(マンダリンオレンジの一種),
ブラッドオレンジの着香,2色の矢車菊の花びらが添えてあります.


茶葉のみの印象はバランスが良く,苦みやセイロン特有の生姜のような感じもあります.
着香のバランスもほどほどで,ストレートでもミルクでも美味しい.

ボワシエのシェリュバンティーと同じ系統です.ナッツの香りがないのが少し寂しいけれど,
ビターなチョコレートの香りと紅茶がよくあっている印象です.
posted at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

 BETJEMAN & BARTON / Lundi light

 ベッジュマン&バートンの新作「 Lundi light 」.直訳は月曜の光・・・夜明けの月曜・・・???.
日本版サイトでは「恵みの滴」と訳しています.

b_and_b_lundi_light.jpg

- Origine : Chine Sencha
- Couleur : Thé vert
- Aspect : feuilles plates
- Température de l’eau : Frémissante
- Temps d’infusion : 3 mn
- Arômes : Notes fraîches
- Notre avis : Ce thé assez inédit qui mélange thé vert et citronnelle du Mexique sera parfait pour les lendemains de fête ou d’excès. Huile essentielle de citrons et gingembre.

Un vrai délice glacé.


中国煎茶にレモングラス,レモン,ライム,ジンジャーの着香.アイスティー用です.

水出しより,急速冷却したほうが,煎茶の渋みのメリハリが出て美味しく感じます.
系統としてはルピシアのハツコイ.もっと暑いうちに開けたかった(涙)
posted at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

 BETJEMAN & BARTON / Pouchkine

ベッジュマン&バートンの「プーシキン( Pouchkine )」.
プーシキンはロシアの都市名.

b_and_b_pouchkine.jpg

C'est sur une base de thés de Chine et de Ceylan qu’est construit le Pouchkine. Qu’on ne nous en demande pas plus ! Cette recette est classée ≪ top secret ≫ depuis 40 ans… Son goût est russe et son histoire romanesque : le grand Pouchkine ne l’aurait pas reniée mais le seul moyen d’en savoir plus est de le goûter.

中国茶とセイロンのブレンドをベースに,ベルガモット,オレンジ,レモンの着香を施してあります.
正統派のロシアンフレーバーです.


柑橘3種の組み合わせという点では,クスミティのトロイカと同じなのですが,
こちらのほうが茶葉自体のスモーク香が強く,柑橘の着香が弱い印象.
トロイカやダマンのグー・ルースを淹れ慣れていたら物足りなく感じてしまうかも.


蛇足ですが...
この茶葉,日本公式通販サイトから取り寄せました.27日深夜に発注して,28日代金振り込み,
1日着.一般の通販とスピードは変わらないのですが,荷物が到着するまでの間,
注文後の自動確認メールが1通来たきりで音沙汰がありません.
入金確認のメールも,商品発送のメールもありません.
そして,20g の紅茶1つに 6号(縦435×横315×高185)の箱です.

DSC00869.JPG

受注伝票には日付すらありませんでした.ゴメンナサイ,こういうお取り引きは苦手なので,
たぶん,もう,頼まないと思います.簡略化されすぎていて不安ですし,オリジナルの缶入りが欲しいし.

せめて,決済終了のサンキューメールが欲しい私は我が侭ですか?
posted at 07:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

 BETJEMAN & BARTON / Jour de Fête

ベッジュマン&バートンの「祝日( Jour de Fête )」.
映画監督で俳優の ジャック・タチ氏に捧げられたブレンドです.

b_and_b_fete1.jpg

On ne sait pas si Jacques Tati aurait aimé ce thé ! Une chose est certaine, l’esprit de la fête l’habite. Sur une base de thés de Chine et de Ceylan, la cannelle et le poivre associent leur pointe épicée à l’orange, à la groseille et à l’arôme de la vanille. Des fleurs d’hélianthe et des pétales de roses rouges ajoutent encore leurs couleurs à cette fête bien préparée et prometteuse !

中国紅茶とセイロンのブレンドに,シナモン,胡椒,オレンジ,カラント,ヴァニラ,
香しい向日葵の花びらと,色のアクセントにバラの花びらが配してあります.


スパイス,ヴァニラ,柑橘やベリーはどれも主張して来ず,見事に調和しています.
茶葉は渋みが少なく甘みを感じるので,香りと釣り合って心地よいブレンド.
僅かにベリーとスパイスの余韻があります.


蛇足
B&Bの日本公式通販サイトがオープンしておりますが,,,.
日本出店の話は今年の春にやぎめぇさんから聞いていたので,びっくりはしませんでしたが,
置いている茶葉の少なさに泣いています.Beryl Blend や Blue Mountain ,
そしてこの Jour de Fête もラインアップから漏れていました.Exotic もないとか,
ちょっと信じられない感じです.

もう暫くは本家からの輸入になりそうです.バカンスでいまは発注してもすぐこないケド.
posted at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

 Lupicia / 王様と私

「王様と私」再び.

100713king_and_i.jpg

試飲メモといっても,私は開ける勇気がなく,ドリアン好きな
Wassr の友人,深空さんに丸投げしました.
勇気のいる紅茶」にコメントくださった,harryharuさんの感想もUPします.

おふたかたに感謝です m(_ _)m

深空さんの感想
ドリアンティー結論:封を切ったときに感じたほど強烈な香りは淹れると失せ,軽い香りが残る程度。まぁ,アップルティーとかと比べるとドリアンの香りということもあいまって印象が残るが。味はドリアンの味が平気なら問題なく飲めるレベル。ドリアンを食べたときに感じる酔ったような感じは感じない。
http://wassr.jp/user/misora05/statuses/yJIpqhhxSh


harryharuさんの感想
この紅茶、5月のタイフェスティバル(代々木)でルピシアが試飲会をやっていました。
香りを確認しましたが、あの独特なニオイはなく、「ホントにあの果物?」と思うほど味も爽やかで、少し甘さを感じたような気がします。

ちょっと記憶が薄れてあいまいなので、違っていたらすみません…
http://aislaby.seesaa.net/article/156207360.html#comment


また,深空さんからは,甘い香りがするので,加糖したほうがよいとの
コメントもいただきました.

兎に角,ドリアンそのものの香りではなく,甘い成分だけ取りだして
着香してあるようです.地雷系じゃないようでよかった(^^;

次の機会があったら躊躇わず開封しようかと思います.
posted at 20:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

 FORTNUM & MASON / Earl Grey Classic Tea

FORTNUM & MASON のアロマティックティー,
「アールグレイ クラシック(Earl Grey Classic Tea )」.

19世紀初頭の英国首相グレイ伯爵にちなんでその名がつけられました。
彼は、ベルガモットオイルで香り付けをすると、一杯の紅茶がすばらしく爽やかになると
信じていました。 実際、毎日午後になると、ミルクもレモンも入れず、
またトップノートの香りを楽しむために淹れたてを楽しんでいたのです。
午後のひとときに、また気分転換をしたい時にお勧めの紅茶です。


キームン 1級にベルガモットオイルでの着香と思います.
茶葉のキームンらしい蘭の香りや,ベルガモットの苦い感じがアクセントになって
風味を添えています.抽出液は優しい甘味と仄かな渋味があります.


で.
アールグレイときたら,カリフォルニアウインディー.

separate_grapefruit2.jpg

グレープフルーツジュースの分量が多すぎて,紅茶かジュースかわからないモノが
出来上がってしまいましたが…(^^;
posted at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

 Lipton / Fruits des Bois

Lipton の Fruits des Bois(野生の果実).日本未発売.

Déguster le Thé Fruits des Bois Lipton et retrouvez la saveur délicieuse des mûres, myrtilles et framboises sauvages.

ラズベリー,ブルーベリー,ブラックベリーの乾燥果実片が入っています.

淹れる前からベリーの香りが凄い.パッケージを通してまで香るので,
果実片のみだけではなく,着香してあるものと思います.
匂いが強すぎて味がよくわかりませんが,イエローバッグより淡い茶葉なよう.
旬じゃないニルギリかヌワラエリヤベースかもしれません.

ティーバッグを分解して,茶葉を撮影しようと試みましたが,うまく撮れませんでした(苦笑)
posted at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

 Revolution / Sweet Ginger Peach Tea

レヴォリューションの「スウィートジンジャーピーチティー ( Sweet Ginger Peach Tea )」。

revolution_sgp_tea.jpg
※メッシュバッグ越しなので見づらいですが、ジンジャーチップが見えます。

This luscious blend combines the taste of fresh peaches and ginger root with Ceylon and Assam teas.

セイロンとアッサムのブレンデッドに、桃と生姜の香りづけがしてあります。


桃は完全にオイルで着香と思うけれど、生姜はチップが見えるし、後味の辛味は生姜茶。
紅茶のほうに主張がないので、つけた香りが生きています。
桃の甘い香りがあるから加糖したほうがバランス良い感じ。
posted at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

 BETJEMAN & BARTON / C'est une belle Histoire

ベッジュマン&バートンの「 美しい物語 ( C'est une belle Histoire ) 」

b_&_b_belle_histoire_leaf.jpg

Comment assembler et conjuguer la figue fraîche, la bergamote, le citron, le lotus et le Pitanga ? Comment les associer à un mélange de thés de Chine et de Ceylan et les parsemer de bleuets multicolores ? C’est un secret mais c’est surtout une belle histoire !

中国紅茶とセイロンのブレンデッドをベースに、イチジク、ベルガモット、レモン、蓮の花、
ピタンガ(スリナムチェリー)の着香に、矢車菊 2種類の花弁が添えられています
甘い香りと中国茶らしいクリアで綺麗な渋味が調和した逸品です。


フレンチアールグレイ+ロータスティー。茶葉は FOP、OP が混じっています。
ベルガモットやレモンの酸のある香りより甘い蓮の花香りが勝っており、好みが分かれると思います。
個人的に香りと茶葉の甘味が釣り合っていないので、加糖したほうが美味しく感じられました。
アールグレイ系なので、ストレート・ミルク・アイスティー可。
水出しも仄かな香りでよいです。

フレンチフレーバーでよく出てくる「ピタンガ(スリナムチェリー)」はこんな果実。

ピタンガ( Pitanga )
posted at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。