2009年06月07日

 サンテロ ピノ・ロゼ NV スプマンテ

 ニシムラさんからお便り着いた〜カエルさんたら読まずにちゅーもん!ι(`ロ´)ノイヤッホォー!

「神の雫 15巻」に出てきたスパークリングワイン「ピノ・スプマンテ」のロゼが来ました〜


pinot_rose_nv_sp.jpg

綺麗な泡、綺麗な色、ベリー系の香りとフルーティーな味、美味です〜
ピノ・ビアンコ 70%、ピノ・ネロ 30%、辛口です。
こんなにおいしーのに 1,000円チョイ(お店によっては 980円のところも)で
買えちゃうんですよ。エチケットラベルもピンクでスタイリッシュな感じが良いので
女性へプレゼントするのによいかもしれませぬ♪

 
サンテロ ピノ・ロゼ NV スプマンテ
SANTERO PINOT ROSÉ Vino Spumante Brut
posted at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

 キャンペーン 「麦とホップ」

 FC2 時代にブログ説明部分で散々勧めていたサッポロ「麦とホップ」。
コソーリキャンペーンに応募したら、当たっちゃいました(≧∇≦)b

sapporo_mugitohop.jpg

なぜか「みかん箱」なんだけど、コストを節約して一人でも多くの方に
このうまさを実感してほしい
からだそうです。
※このダンボールはキャンペーンの演出なんだって(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)

「麦とホップ」はビールじゃなく、発泡酒(リキュール)なのに、
とーーってもビール風味なのです。財布がキツイとき超お勧め(笑)
ホップの香りもいいし、苦いだけじゃなく甘味もコクもあって本当に美味しい。
早速冷やしていただいてます。太っ腹なサッポロさん、ありがとう。

サッポロユーザじゃないかたに当たれば宣伝になってよかったのに、
ウチに来ちゃったもンだから、これからも頑張って宣伝しま〜すw
posted at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

 サンプリング 「アサヒ ザ・マスター」

 アメブロでは「サンプリング」がよくあったのですが、seesaaではないのが残念。

某リサーチのサンプリング調査に参加して、アサヒビールから 5月 26日(火)発売される
ビールの新製品「アサヒ ザ・マスター」をいただいて、飲んでみました。

asahi_the_master.jpg

水色はブロンド、ピルスナーらしい凛としたホップの苦味に柔らかいコクが絡まって、
いい意味でアサヒビールらしくないビールです。

asahi_the_master2.jpg

「スーパードライ」はキレはあるけどコクが薄いので、食事の時の水代わりのような印象でしたが、
これはしっかりビールを味わえる感じがします。香辛料の効いたソーセージと合わせても
きちんと主張してくれるビールでした。

ドイツのマイスターを持つ技術者が云々と聞いていたので、ケルシュとかアルトビールを
想像してワクワクしていたのですけれど、ピルスナースタイルてチェコじゃん、
という突っ込みをいれたくなるけれどね :p

実家の鉄板ストックはキリン「一番絞り」、ウチのストックはサッポロ「緑エビス」と
キリンの「ハートランド」なわけですが、「アサヒ ザ・マスター」が発売されたら
選択肢にひとつになるやもしれません。ご馳走様でした(ー人ー)
posted at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

 桜の樹の下でワインを

 首都圏では桜が満開だそうですが、とーほぐでは梅が盛りです。

本日、仙台市の桜の開花予想日なのですが、満開までまだ 5日ほど間があるし、
とーほぐ最後の盛岡まで遅〜〜い桜が楽しめます。

で。
桜の花見用に作られたロゼワインのご紹介。


ドメーヌ・シュブロ・ブルゴーニュ・ロゼ・キュヴェ・サクラ 2008

このワインのためだけに育てられた樹齢 20年のピノ・ノワール100%。
フルーティで適度な酸味とミネラルが調和した美味しいロゼです。

限定 3樽のみの生産なので、
「珍しいワインを手に入れたよ」
と、彼女を花見に誘う口実にお勧めかもしれない( -ノェ-)コッソリ
posted at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

 神の雫 - Mille fleurs -

 ルピシアのテイスティングもポエムだが、ワインの世界はもっと凄い(笑)

密かに楽しみにしてました「神の雫」。
コミックも気になっていたけど、まだ読んでいなかったりしてちょうどいいかも。

しかしまぁ、赤は嵌りだすと恐ろしい金額だからあまり飲む機会はないな〜
ロートシルト美味しいけどね。
自分はシャトーモンペラ ルージュ(コイツは安くてンマイ!)あたりが分相応なワインだなぁ。

■ 日本テレビ|神の雫:http://www.ntv.co.jp/shizuku/

   
「神の雫」最終刊  CH ムートン・ロートシルト 1990年
posted at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

 La Grenouille Rougante

カエルネタに回すか、ふつーにワインネタでいいか迷う〜(迷うな!w)


食用ガエル印でも、ちゃんとしたカリフォルニアワインなので、ワインカテゴリで
紹介することにします。

フロッグス・リープのラ・グルヌイユ・ルガンテ・ピンク、ロゼワインです。
グルヌイユ( grenouille )はフランス語でカエル、ルガンテ( rougante )は赤くなる。
直訳で「赤くなるカエル」。ロゼだからかな?それとも酔って赤く染まったのかな?w

Valdiguie(Napa Gamay) 92%・Petite Sirah 4%・Carignane 4%
アルコール度数 12.4%。辛口。スイカやイチゴのようなフルーティな香りの中に、
凛としたフラワリーな香りを孕む馨しさ。自然な葡萄の酸味とワインらしい
渋さがよい。結構ツボりました。低アルコールなのでガンガンいけそう(駄目)

■ Frog's Leap:http://www.frogsleap.com/


フロッグス・リープ・ピンク・ラ・グルヌイユ・ルガンテ [2007]
posted at 22:50 | Comment(0) | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

 Wasseros

来週日曜は父の日。
母の日と比べて陰が薄いですが、日夜家族のために頑張っているおとーさんに
感謝の気持ちを伝える数少ない機会なのであります。


昨夜、祖父の好みを探るべく実家に電話をしたのですが、何故か東京の知り合いに
最近ご馳走になったワインの話を振られました。
「ドイツ産っていってたなー凄く甘いやつ。・・・水色のラベルで、『睡蓮』とかいう・・・
近所の酒屋を見て回ったけど、何処もなかったよ。」

ロバート・ヴァイルのヴァッサーロース、アイスヴァインですかい(^_^;)
(Robert Weil Kiedrich Wasseros Riesling Eiswein)


ロバート・ヴァイル・リースリング(アイスワイン)[キートリッヒ ヴァッサロス][1989]

振られたからには贈らねばとは思うも、ワイン界ではたいしたことがない金額なの
だろうけれど、薄給の公務員が買うには少々勇気の要るお値段なのですよ。
2005年の予約受付中のヤツはマカイバリのシルバーニードルズが250gも
買えて、お釣りがきてしまうじゃないですか(´Д⊂

クレカ切ってリボればいいなんて、悪魔の囁きが・・・・・・。

いあいあ、もっと分相応な贈り物を探しますです、ハイ(゜ーÅ)


極甘口のアイスヴァインは結構高いですけれど、辛口のふつーの白ワインは
比較的日常使い向きのお値段です。フルーティで日本料理との相性もよいですよ。
カエルの中のひとお勧めはこの2つ。品のあるゼクト(泡)と、ぴんとした辛口の
トロッケンです。


リースリング・ゼクト・エクストラ・ブリュット [2005] ロバート・ヴァイル


リースリング・トロッケン [2006] ロバート・ヴァイル

マイルドなやや辛口もあります。


リースリング・ハルプトロッケン [2006] ロバート・ヴァイル



■ Weingut Robert Weill(ドイツ語or英語):
http://www.weingut-robert-weil.com/


※追記
( Wassaros の)畑名の語源は「湧き出る泉」からくるものですが、一般には語感の似た
Wasserroseつまり「睡蓮」のイメージで知られる畑です。
(サントリー ワイン スクウェア)
posted at 15:00 | Comment(0) | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

 やっぱり泡が好き

楽天のワイン館NISHIURA楽天支店サンからきたメールに、最近嵌っている泡(カヴァ)が
紹介されていたので、ついでにアフィでご紹介。画像は踏まないように!(笑)



マ・デ・モニストロル(MARQUES de MONISTROL)のカヴァ、グラン・レゼルヴァ・ロゼ。

名だたる泡と比べても遜色ない美味しさ。ストロベリーを思わせる芳香、
滑らかな舌触り。これで1,800円なんだから!!
正直、ピンドンに勝ったと評判のロジャー・グラート・カヴァ・ロゼより美味しいと思う。


ロジャー・グラート カヴァ ロゼ ブリュット

ロジャー・グラートはドゥミセック(白/やや甘口)のほうがスウィーツやフルーツと
あわせ易いので女性にお勧めです。


“シルバーラベル”ロジャー・グラート カヴァ ドゥミセック


ちなみにワイン館NISHIMURA楽天支店サンはコレも置いてたりする。
バルサファンは買いだよね!!(笑)


バルサ ホーヴェン [2005]FCバルセロナのオフィシャルワイン!テンプラニーリョ100%
posted at 12:00 | Comment(0) | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

 パーティは泡モノで

クリスマスといったら奥サンッ!やっぱスパークリングでしょw

ウチの常備泡セグラ・ヴューダス(Segura Viudas Brut Reserva)もお勧めなのですが、
これは辛口なので普段からワインを嗜むかたにはよいですが、ご婦人がたには聊か不評で。
そこで今年はこんなラインナップ。

         


左から「オーランド・ブーケ(Orlando Bouquet Rosé)」
「オーランドブーケ(Orlando Bouquet Blanc)」「天使のアスティ(Degli Abgeli Asti)」
「シードル(Cidre val de Rance doux)」。全て甘口、1,500円以下です(笑)

「オーランドブーケ」はよく結婚式で用いられるのでわりとポピュラーな泡ですよね。
フラワリーで飲み口もよいです。「天使のアスティ」はマスカットのスパークリング、
「シードル」はリンゴのスパークリングです。どれもジュース並にぐいぐいいけてしまう
タイプなので飲みすぎ注意なんですけど(^_^;)

今年は早々と準備を済ませて、セッティングはお任せでございます(-人-)
posted at 22:52 | Comment(0) | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

 ワインを贈る

9月です。涼しくなってきたので風鈴はしまいました。来年、またお世話になります。


これは自分用の覚え書きです。女性に贈る機会が増えたので、飲み易くて
おいしいワインをピックアップしてみますた(`・ω・´)

■ 北海道ワイン「氷結貯蔵 2002 Müller Thurgau」
前のエントリーで触れましたが、ここのスパークリングを時々購入しております。
微発泡で甘口のスパークリングもありますが、あえてこれをチョイス。
完熟遅摘み葡萄を屋外の貯蔵タンクで熟成させた逸品。甘口。




■ SOFIA Blanc de Blancs 2006/ Francis Coppola
巨匠フランシス・コッポラが、愛娘のために作った微発泡スパークリング。
ピノブラン70%、ソーヴィニョン・ブラン20%、マスカット10%。辛口。
左が720ml瓶(ピンクのセロファンでラッピング)、右がミニ缶4本パック。

   


■ Gau-Odernheimer Petersberg Eiswein Rose 2005/Hans Otto Becker
珍しいロゼのアイスヴァイン。極甘口。アルコール度数6.99%
フループブルグンダー53%・シュペートブルグンダー47%。
グレートヴィンテージです。




■ PINOT NOIR blanc de noir 2006 / Winzer eG Herrenberg-Honigsackel Ungstein
黒葡萄から作られた白ワインという変り種。ピノ・ノワール100%。辛口。

posted at 00:50 | Comment(0) | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。