2009年09月19日

 '09 Ceylon Uva Quality Uva Highlands Estate BOP (参考)

 今年のアーリークオリティ、ウバハイランズ茶園 BOP。
スリランカより直輸入、2009年 7月上旬収穫。

09_uvahighlands1_leaf.jpg09_uvahighlands1.jpg

ウバの収穫期には若干早い摘みなので、サロメチールはしません。
若草のような青い香りと水仙の花のような清々しい香りがします。
渋味は程ほど。甘味もありミルクティーにすると甘味が引き立ちます。



続き、読みますか?
posted at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

 '07 Ceylon Uva Quality Uva Highlands Estate BOP

 '07収穫の Uva Highlands茶園。SELECT SHOP の「新・ウバ様」です。

07_uvahighlands_leaf.jpg

セイロンらしいさらさらとした細かい茶葉。
旬のウバそのもののサロメチール、カカオのような甘苦い香りと
干し杏のような酸のあるフルーツのような香りがします。
水色は深く濃い蘇芳の赤。抽出液も茶殻からもサロメチールがします。

07_uvahighlands1.jpg

飲み口は柔らかで、はじめに鼈甲飴のような甘味、爽やかな香りと渋味を感じます。
清々しい渋味とサロメチールの余韻があります。


1煎目を 茶葉 3g / 熱湯 150CC / 抽出 3分、
水はアイスフィールド(カナダ産/硬度 27.5・pH 7.0)で淹れました。

湿布薬のようなやや強い薄荷臭さ。旬のウバならではの香りですが、然程強烈ではなく、
味も若干甘味が足りないような気がするのはやはり水の所為 orz
水を替えて甘さや香りをより引き出せるようにしたら、ウバ好きはハマる味。
なんというか、メンソールの強いドイツ製の練り歯磨きで歯を磨いた後のような
とても清々しい気分になります。久し振りに「ドントメッド」買うかな(笑)
posted at 18:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

 '08 Ceylon Uva Quality St.James Estate BOP (2606)

 ルピシアに入荷したウバ「セント・ジェームズ( St.James )茶園」クオリティです。

ルピシアの説明文
ロンドンの宮殿の名を持つ、ウバ屈指の茶園から届いた旬の紅茶。
フレッシュミントのように爽やかな香りが、穏やかな渋みと
ほのかな甘みと共に広がります。


ルピシア推奨の淹れ方
「茶葉 2.5〜 3g・熱湯 110cc・抽出時間 45秒〜 1.5分」。
茶葉 3g、熱湯 120cc、抽出 1.5分で淹れました。
使用した水は「水道水(硬度 19.2 pH 7.1 /熱帯魚用の簡易テストで計測)」、
ミルクは生協牛乳(岩手県産低温殺菌 63℃ 30分・ノンホモジナイズド)です。

茶葉はセイロンらしい細かめのBOP。香りはあまり強くないサロメチール、
柑橘系の爽やかな香りと、微かな薔薇の芳香。水色は濃いめのブリックオレンジ。
飲み口はシャープ、やや控えめな渋味と仄かな甘味、微かにジンゲロールの風味。
余韻は穏やかな渋味と鼻に抜けるミント香。ストレート推奨。ミルクティ△
やはり同じ茶葉だったか( -ノェ-)コッソリ

旬のウバとしては物足りない印象ですが、ウバ特有の感じがあまり得意でないかたや
ウバ初心者さんには程よい渋味でよいかと思います。

なんだろ、50g使い切ったらリピートしたくなってきたw

■ミントのような爽やかな香りが広がる旬のウバ紅茶。
ST. JAMES BOP QUALITY 08-1

■ 世界のお茶専門店ルピシアhttp://www.lupicia.com/
posted at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

 '08 Ceylon Uva Quality Aislaby Estate BOP・3lot

 私メの行動範囲では、ほかにリプトンと神戸紅茶が Aislaby を
仕入れているようですが、そんなに色々買えません。

とりあえず手元にある 3ロットで比較レポしてみることにします。
公平になるよう、ミツティーとシルバーポットは新たに開封しました。

ルピシア     エズラビ クオリティ   BOP 08/12/07 開封
シルバーポット アイスラビー クオリティ BOP 08/12/08 開封
ミツティー    アイスレビー クオリティ BOP 08/12/08 開封
※日本語読み統一して欲しい><

081208aislaby1.jpg

条件を一緒にするため、公式ティーテイスティングの量・抽出時間を採用し、
水を同じに「水道水」にしました。

茶葉 3g・熱湯 150cc・抽出 3分
水道水 硬度 20.8・pH 7.1


【茶 葉】
個別に淹れていたときは気にならなかったのですが、比べてみると
シルバーポットの茶葉が若干醗酵が浅い感じがします。

【香 り】
どの茶葉もしっかりした旬のサロメチール・柑橘系の香りがあるのですが、
ミツティーの茶葉はカカオのような深い香りも孕んでいます。
シルバーポットの茶葉は刈りたての青葉の香り(青葉アルデヒド)、
ルピシアの茶葉はビターオレンジやゲラニオールも感じられます。

【水 色】
ウバらしい鮮やかな赤褐色の抽出液です。
シルバーポットの茶葉の抽出液はやや淡いように思います。

【ストレート】
3分 30秒指定のミツティーの茶葉は、キャラクタが出切っていない様子。
サロメチールの爽やかな感じと渋味は皆それなりに乗っています。
抽出時間を考慮する余地はありますが、甘みはルピシアの茶葉が
一番良いように感じます。

【ミルクティ】
全体的に淡いミルクティ。ミルクの脂肪分が高いと香りが沈没します。
渋味はそこそこ、ルピシアの茶葉がバランスはいいような気もしますが
濃厚ミルクを受け止めきれないので、今年の茶葉はストレート推奨。

08_aislaby_lupicia.jpg08_aislaby_silverpot.jpg08_aislaby_mitsutea.jpg


個人的にボンバガラ特有の乾いた干草のような感じがあまり好みではなく、
このワッテに思い入れがあるので、毎年欠かさず入荷をチェックして
いるのですが、今年は天候に恵まれなかったため、期待していなかったぶん、
旬の香りは嬉しく思いました。香りを引き出すにはやはり硬度 60くらいの
中程度の軟水が望ましいでしょう。

クラシックなバンダラウェラ産ウバのイメージに近いのはミツティーの香りで、
ミントチョコのような感じが堪らないのですが、渋味と甘味のノリが薄く、
3分より長めの抽出時間を取るのがよいかと思います。爽快な感じのする茶葉は
柑橘系と新緑の香り、程よい渋味のあるシルバーポット。淹れ方次第でミルクも
いけるかも。ミツティー・シルバーポットの中間、渋味と甘味のバランスの
取れている茶葉はルピシア、ハーバルでフラワリーな感じもなかなか良いです。

ロット違いの個性も確認できましたし、リピートの計画でも立てますか〜

ちなみにお値段はルピシアが 50g/700円、シルバーポット 50g/890円、
ミツティー 50g/650円。
コストパフォーマンスから考えればミツティーがお勧め。
50gだけ通販で買うのだったら、送料込みのシルバーポットですね。


■旬のウバらしい爽快な香りとコクのある余韻をお楽しみ下さい
紅茶/AISLABY BOP QUALITY 08-1

■ ルピシアオンラインストアhttp://www.lupicia.com/



【送料無料】セイロン紅茶:ウバ2008年クオリティー・シーズン・アイスラビー茶園BOP(50g)

■ シルバーポットhttp://www.silverpot.co.jp/



■すぅ〜、ふわ〜っ、のメントール♪2008年 セイロンティー クオリティー・ウバ紅茶
アイスレビー茶園 グレード:BOP 50g

■ セイロン紅茶専門店ミツティーhttp://www.rakuten.ne.jp/gold/mitsutea/
posted at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

 '08 Ceylon Uva Quality Aislaby Estate BOP (2607)

ルピシアに入荷したウバ「エズラビ( Aislaby )茶園」クオリティです。

ルピシアの説明文
高い人気を誇る茶園から届いたクオリティー紅茶。
旬のウバならではの、ほどよくパンチの効いた爽快な香りと
コクのある余韻をお楽しみください。



ルピシア推奨の淹れ方は
「茶葉 2.5〜 3g・熱湯 110cc・抽出 45秒〜 1.5分」。
茶葉 3g、熱湯 120cc、抽出 1.5分で淹れました。
使用した水は「水道水(硬度 18.8 pH 7.0 /熱帯魚用の簡易テストで計測)」、
ミルクは生協牛乳(岩手県産低温殺菌 63℃ 30分・ノンホモジナイズド)です。


茶葉はセイロンらしい細かい BOP。香りはキレのあるサロメチール、
柑橘系の香りとネロリドール。水色は鮮やかなガーネット。
口当りはシャープで、旬のウバらしい鋭角な渋味とミントの香りが
口中に広がります。ブルーマロゥのようなハーバルの香りも交じり、
ほんのりとした糖蜜似の甘さや、生姜のようなぴりりとした辛味も感じます。
余韻はすっきりとした渋味と鼻に抜けるミントの爽快感。
ストレート推奨、ミルクティ○。


ルピシア推奨の淹れ方はストレート向き。抽出 4分では刺激的な渋味のある
旬のウバになります。ミルクティにするならこちらの抽出時間で。


いまも余韻に酔いしれている感じ。ウバ様には敵わないけれど、
渋味のノリはかなりいい線いっているウバです。ただ、前出のシルバーポットは
フォンドール(硬度 79)で淹れているので、同じ条件(硬度が低いほうが渋味が出て、
高いほうが香りが出る)になっていないから安易に比べられませんが、、、。


■旬のウバらしい爽快な香りとコクのある余韻をお楽しみ下さい
紅茶/AISLABY BOP QUALITY 08-1

■ ルピシアオンラインストアhttp://www.lupicia.com/
posted at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

 '08 Ceylon Uva Quality Bombagalla Uva-Downside Estate BOP

そろそろダージリン・オータムナルの季節です。でも、まだウバをウロウロしております。
ダージリン・セカンドも残ってるしなぁ(苦笑)

今日は Tea House TAKANO に入荷した「ボンバガラ( Bombagalla Uva-Downside )
茶園」クオリティです。

TAKANO の説明文
今回のウヴァはヴェリマダ地区にあるボンバガラ茶園です。
ボンバガラ独特のかさかさとした味と、メンソールの香りをストレートでお楽しみください。
少し濃いめに点てるとミルクティーにも合います。


TAKANO 推奨の淹れ方は
「茶葉 4〜5g・熱湯 280cc・抽出 3分」。
水は水道水・硬度16.3mg/L pH7.2 (軟水/熱帯魚用の簡易テストで計測)。
ミルクは生協牛乳(岩手県産低温殺菌 63℃ 30分・ノンホモジナイズド)です。


茶葉はセイロンらしい細かめの BOP。香りは未熟な柑橘系の青く爽やかな香りと
メンソール、セイロンのハイ・グロゥン茶らしい薔薇の芳香。水色は綺麗な煉瓦の赤。
飲み口はシャープで、メンソールフレーバーと深い渋味、やや重めの苦味。
ストレート推奨、ミルクティ○


ガツン!ほどはないけれど、程々に渋い。「ボンバガラ独特のかさかさとした味」に
キレのある渋味が心地よいウバです。もう少し甘味が乗っていれば最高なのですが、
今年は贅沢言えませんねー

■ Tea House TAKANO (ご注文は電話か FAX で):
http://www.teahouse-takano.com/
posted at 21:05 | Comment(2) | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

 '08 Ceylon Uva Quality St.James Estate BOP (参考)

スリランカ直送、8月度収穫。セント・ジェームズは Badulla に属する古参茶園で、
周りにはディックウェラ、アッタンピッテヤなど、有名茶園も多し。
某所に入荷する予定と同ロットらしいという話( -ノェ-)コッソリ

「茶葉2g・熱湯150cc・抽出2分」。
水は水道水・硬度16.3mg/L pH7.2 (軟水/熱帯魚用の簡易テストで計測)。
ミルクは生協牛乳(岩手県産低温殺菌 63℃ 30分・ノンホモジナイズド)です。


茶葉はセイロンらしい細かめのBOP。香りは旬のウバらしいメンソール、
柑橘系の爽やかな香りと、仄かな薔薇の芳香。水色は深紅のクラモワジー。
はじめにメンソールフレーバーと柔らかな渋味、続いて仄かな甘味と苦味。
微かにジンゲロールの風味。ストレート推奨。ミルクティ△


旬のウバにしては弱い、小じんまりした印象。ハイランズの茶葉も小さく纏まっていて
寂しい年です。某所に11月中旬入荷予定の茶葉はアイスレビー1本狙いでよいかも
しれませぬ。個人的に、今年のお勧めはアイスレビーとボンバガラですな。


そうそう、ボンバガラというと、t-break の茶葉が入荷していまして、
Downside 茶園の茶葉とのこと。この茶園、ちょっと曲者でオークションの
ハイ・グロゥンで探しても追いかけられないのです(`⌒´)

茶園の位置はハイ・グロゥンでも、製茶場がミーディアムなので、
ミーディアムで検索しないとダメなのです。
そして出荷茶園名が「 Bombagalla Uva 」。
検索は「 Bombagalla Uva-Downside Estate 」で。
なんでこーなっているかは謎(笑)

最高値を出した証拠↓スリランカ・ニューズ誌の記事です。
■ Sri Lanka News|Uva medium BOP fetches all time record price :
http://www.dailynews.lk/2008/09/30/news12.asp

セルアラージ氏はボンバガラに行っちゃったのですね(涙)

■ t-break|ウバ '08ピーククオリティ ボンバガラウバ BOP:
http://www.t-break.com/our_tea/srilanka/uva/bombagalla0808.htm
posted at 22:25 | Comment(2) | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

 '08 Ceylon Uva Quality Aislaby Estate BOP

今年のウバの旬は非常に短かったらしく、ピーククオリティの茶葉の量が少ない年でした。
茶舗のテイスターは仕入れに悩んだことでありましょう。


本日は、シルバーポットに入荷した「アイスラビー( Aislaby )茶園」クオリティです。

シルバーポットのキャッチ
爽快なメンソール風の香りがサァとーーー広がり、おぉぉぉ〜〜、
ウヴァQualitySeasonらしいウヴァだ!とうっとり。

ウヴァのシーズンものはガツンとした渋みも出がちで時として飲みにくいのですが、
こちらはストレートでもミルクティーでも楽しめる適度な力強さ。

あぁ、こういうウヴァも大好き、シャキッと系の逸品と言えましょう♪♪



シルバーポット推奨の淹れ方は
「茶葉 3g・熱湯 200cc・抽出 3分」。
使用した水は「フォンドール( Font d'Or/スペイン産/硬度79/pH7.8 )」。
ミルクは農協牛乳(岩手県産低温殺菌 63℃ 30分・ノンホモジナイズド)です。


茶葉はややグリニッシュな茶葉も混じる細かい BOP。香りは旬のウヴァならではの
メンソール香、セリ科のハーブを思わせるハーバル、ネーブルのような柑橘系の香りと
ほんのりホワイトフラワー様の香りがします。水色や明るめのアルジル。
口に含むと爽やかなサルチル酸の香りが広がります。渋みも甘みもやや控えめ。
ストレート推奨。ミルクティ○


今年の茶葉にしてはいい線いっていると思います。が。アイスレビーの
真のピーククオリティを知るものとしては渋味のノリも甘味も弱く、寂しい感じ。
せめて F加工・もう 30分長く発酵させていればもっと違ったかな。
ウヴァらしい「ガツン」が欲しかったですよ。
今年の茶葉に多くを望んではいけないと思いますケドね。暫定 1位。
ミツティのアイスレビーも買ったのですが、コチラは香りが貧弱でした( -ノェ-)コッソリ

ミルクティにすると円やかな紅茶に仕上がりますが、ストレートのほうがいいかも。
アッサム・クローナルのほうが、ぐっと甘味のあるミルクティが出来そう f(´・ω・`)


【送料無料】セイロン紅茶:ウバ2008年クオリティー・シーズン・アイスラビー茶園BOP(50g)

■ シルバーポットhttp://www.silverpot.co.jp/
posted at 21:50 | Comment(2) | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

 '07 Ceylon Uva Quality Uva Highlands Estate BOP (4520)

ルピシアに入荷したウバ「ウバ・ハイランズ(Uva Highlands)茶園」です。

ルピシアのコメントは
真っ先に感じられる、旬のウバらしいミント系の爽快な香り。
切れのよい渋み、確かなボディーを兼ね備えた格調高い風味が楽しめる
名園の紅茶です。

ルピシア推奨の淹れかたは
「茶葉2.5g・熱湯110cc・抽出45秒〜1.5分」。
水は水道水・硬度26.3mg/L(軟水)。
ミルクは地元産の低温殺菌(75℃/15秒)ホモ牛乳を用意しました。


茶葉はセイロンらしい細かいBOP。香りははじめにメンソール、柑橘系の青臭い香り、
そしてカカオ様の香り。水色はルビー色。飲み口はスムースで爽やかな渋みと
ほんのり甘みが感じられます。余韻は微かな渋味。


ストレート推奨です。ストレートいいです。まず、ストレートで飲め!ミルクはそれからだ(笑)
渋味の余韻が「あぁウバ茶飲んだ」と。もう少し香りと渋味が強くでても私はOKですが、
程々な感じで普段使いにいいかも。50g/850円。

■ ルピシア:http://www.lupicia.com/
posted at 00:00 | Comment(0) | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

 '07 Ceylon Uva Quality Uva Highlands Estate BOP

シルバーポットに入荷したウバ「ウバ・ハイランズ(Uva Highlands)茶園」です。

シルバーポットのコメントは
まるでハーブのような爽快な香り。
ミルクティーにも。

シルバーポット推奨の淹れかたは
「茶葉3g・熱湯300cc・蒸らし2分(ストレート)」。
茶葉1.5g・熱湯150cc・抽出2分(ストレート)・茶葉3g・熱湯200cc・抽出3分(ミルク)で
淹れました。水は水道水・硬度26.3mg/L(軟水)。
ミルクは地元産の低温殺菌(75℃/15秒)ホモ牛乳を用意しました。


茶葉はやや発酵の浅いBOP。香りはレモンバームに似たハーブ香とカカオのような
甘い香り、控えめなサロメチール。水色は濃いオレンジ。鋭角な渋みに微かな苦み、
ほんのりとした甘み。 余韻はウバらしい爽快感のある渋み。

前出のTAKANOの茶葉と比べると、渋みがやや強く、甘みが薄い印象。
現在は割引価格で50g/760円ですが、17日以降は50g/850円と割高です。
コストパフォーマンスを考えるとTAKANOの茶葉に軍配が上がります。
とはいえTAKANOは茶葉1個でも送料600円ですから、気軽に頼めるシルバーポットも
ありかな・・・・・・。個人的にはストレート推奨。

■ シルバーポット:http://www.silverpot.co.jp/
posted at 00:00 | Comment(0) | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。